防犯対策としての補助鍵

鍵の基本知識について

いつも使っている鍵が回らなくなったり何らかの不具合を感じることはありませんでしょうか?

鍵の材質は、ほとんどが金属で製造されているので使う度に摩耗していき使用頻度が高ければ高いほど経年劣化が進行していき鍵穴がすり減ってしまって鍵が合わなくなったりします。また、鍵穴に異物が混入してしまってトラブルを引き起こすこともあります。鍵の構造上、錠前は非常に複雑な構造となっていますので定期的にメンテナンスが必要になってきますので鍵穴の不調によって鍵本体にも負荷が加わってしまて抜けなくなったり折れたり鍵が変形してしまったりしてしまいます。
物理上、形あるものは壊れて行くのが自然の法則です。突然、鍵が壊れたからといって自己で鍵修理をすることもできずにどこに修理や交換を依頼すればいいのか?また、トラブルが起きた箇所を適切に修理してくれるのかわからないことが多々あると思います。物理上、鍵の劣化や破損は目に見えるものではありませんから精密製品ですので修理が困難で難しく、即時対応が不可欠になること急に起きてしまいます。急場で鍵の修理が必要になった時に迅速に対応いたしますのでご相談下さい。


お客様のお声掲載

勝手口の鍵が壊れて回らなくなり厨房に入ることができなく仕込みの時間もあったのでオーナーに電話してカギ修理隊さんに1時間位で来てもらい鍵の開錠してもらって鍵交換をしてもらいました。宴会の予約が有り仕込が間に合うか心配していましたが何とか間に合って無事に鍵交換も終えることができました。


カギの総合受付